お知らせ

今年の潮干祭に合わせて発売となった『亀崎潮干祭写真集~昭和の記憶、平成の復古、その先へ~』。 平成最後となった昨年の祭礼と、故 間瀬伊造氏(石橋組 床六店主)によって撮影された伊勢湾台風以前の貴重な写真が収録され、潮干祭や町の今と昔を知ることができる写真集となっています。
祭人だけでなく、遠方に住む家族や友人にも見てもらいたいと多くの方からご好評をいただいております。
現在、神前神社と下記の店舗にて販売をしておりますので、まだご覧いただいていない方は、ぜひこの機会にお買い求めください。
また、Webからのお申込みも再開いたしましたので、こちらもご利用ください。

●お買い求め先
・神前神社(県社)
・㈲エガミ
・高原時計店
・望洲楼
・久栄丸呉服店
・おしゃれ洋品 ひらの

Web販売
http://shiohi-matsuri.jp/photobook.html


本日(後の日)の潮干祭も予定通り行われます。

巡行時刻表はこちら


本日(初の日)の潮干祭は予定通り行われます。

巡行時刻表はこちら


ユネスコ無形文化遺産登録による観客増加を受け、警察の指導に基づく各種対策を実施させていただいております。対策の一つとして、曳き下ろし直前の時間帯には、海浜公園へと続く水門の入場規制を実施しております。この対策を警察からの要請で今回も実施する事になりました。
今回も山車国道横断時の観客の入場規制を行なうことによって、雑踏事故を未然に防ぎ、祭り人及び観客の安全を確保したいと思いますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

【祭礼当日に実施する規制】
山車が海浜公園に入場する10分前より、花王車が曳きおろし坂手前に停止するまで、西側水門の一般観客の入退場を、禁止します。

初の日 9:40~10:15 後の日 13:30~14:00


【この規制を実施するための対策】
①西側水門(旧大店坂)の封鎖を実施・・・警備員・自主警備・告知看板設置
②東側水門(海潮院側)の解放・・・トラサク等による車両進入禁止
③案内看板設置による観客の誘導を実施
 州の崎駐車場からの誘導は、鴻運前横断歩道より堤防側へ(ガードマン)
 亀崎駅方面からの誘導は、案内表示を順路に立てて導く
④東側水門と亀崎港出入口(問屋場)に「曳きおろし会場入口」看板を設置

以上宜しくお願いします。


4月に入り、潮干祭も近づいてきました。
今回は、4/27(土)に発売となる『亀崎潮干祭写真集』の中身を少しだけ、一足先にご紹介いたします。

下記のリンク先からWeb予約を実施しています。4/21(日)までとなっておりますので、お早めに!
http://shiohi-matsuri.jp/photobook/


B-SIDE Before1959(S34)
昭和34 年以前の潮干祭(モノクロ写真)
祭り人であり写真愛好家であった「床六さん」こと故・間瀬伊造氏による作品や記録写真です。ご遺族の協力のもと、潮干祭に携わる若手が中心となり、膨大な資料から見どころをまとめました。伊勢湾台風により中断される以前の曳き下ろしや、当時の街並みなどを知る事ができる貴重な写真を多数掲載。



モノクロが語る潮干祭(座談会)
伊造氏の写真を見ながら行われた座談会の様子をテキストにして掲載。潮干祭の変化や、亀崎の人々のお祭りへの想いを知る事ができます。




A-SIDE Around2018(H30)
平成30 年の潮干祭(カラー写真)
平成最後となった2018 年の潮干祭をカラー写真で収録。浜への曳き下ろしなど代表的な場面や隠れた見どころを、順を追ってご覧いただけます。



その他の掲載内容
・蔵出しフォト(住民から募集したモノクロ写真)
・特別寄稿「亀崎潮干祭の発展と継承に向けて―祭礼と共に生きる町と人の営み―」
・ 亀崎潮干祭の歩み―国指定から世界へ
・亀崎潮干祭「略年表」
・ 御挨拶/奥付

Web予約受付中↓
http://shiohi-matsuri.jp/photobook/