日本最古といわれる木造駅舎


町の玄関口「亀崎駅」。その駅舎は「日本最古の現役駅舎」とされる貴重な産業遺産です。

武豊線は東海道線建設の物資を運ぶため、愛知県初の鉄道として明治19年(1886)に開通しました。明治32年(1899)からは武豊港に入ってくる石油なども輸送。いわば東海道線の誕生を支え、産業発展に大きな役割を果たしたという歴史をもっています。

現在、亀崎駅は武豊線のなかでは利用客が一番多く、駅舎は現役の駅としてきれいに手入れされています。そのため一見古さを感じさせませんが、木造平屋建ての素朴なつくり、赤茶色の落ち着いた外観、木製の看板のあたたかみは鉄道ファンからも愛されています。訪れた際はぜひ「明治19年1月」と記された当時の建物財産標も、駅舎の壁に探してみてください。今は駐輪場になっている旧ホームの石積みなどにも歴史を感じていただけます。


JR亀崎駅駅舎(かめざきえき えきしゃ)

Google Mapで見る


トップへ戻る