お知らせ

「亀崎潮干祭パンフレット」に掲載の「コラム 祭と俺」。
残念ながら本年度は祭礼が中止となったため亀崎潮干祭公式ページにアップしました。

この企画は、平成30年度にスタートし祭人に潮干祭への想いを語ってもらうコラムです。
祭への関わり方や楽しみ方、そして想いはそれぞれ。その人にとっての潮干祭とは・・・
毎回その年の代参元の組員にスポットをあてています。今年は中切組のお二人に話を聞きました。

アーカイブはこちら
平成31年度 石橋組編
平成30年度 東組編


中切組 若者代表 森下 範一さん(56歳)

若い時は、ただただ山車を曳くことが楽しくてしかたありませんでした。若手、色看袢をいただいていたあの頃は「俺がいなけりゃ山車は動かん。」とまで意気込んでいました。
今は、山車の修復に携わらせていただいており、潮干祭当日も、組上げ・組下しの時も、山車の一つ一つの部材、込み栓一つも大切に取り扱ってほしいので『口うるさいおじさん』になっています。千秋楽に「今年も無事に終えることができた」と安堵と感謝で胸がいっぱいになりながら祭りの日を終えます。
今年は中切組が代参元で、その年行司を長男が賜りました。私には息子が二人おり、生後三か月ちょっとでお祭りデビューさせました。長男は幼少期に無理やり稽古に参加させていたからでしょうか、次男に比べると祭りには消極的ではあり、高校生頃より祭り行事から離れていましたが、大学を卒業し社会人一年生。皆様のお力添えをいただきながら、無事に代参元年行司を務めてくれることを願います。
亀崎潮干祭は神事で、一年中ある祭り行事には、多くの規律があり先人から継承されています。多くの地域と同様に、亀崎でも多くの人々の力が注がれ継承されています。これからもずっと、後輩・子供たちに、山車を大切に、神事を大事に受け継いでいって欲しいと心より願っています。






中切組 若者頭 伊藤 毅さん(33歳)

組に残る明治期に記された古い帳面に、先祖の名前を見ることができます。根っからの祭り好きだったと聞く祖父はかつて車元を務め、何世代にもわたって続く「祭り好き」の血は間違いなく私にも流れていると感じます。機会あってこうして筆を執らせていただけたのも何かの縁なのかもしれません。
小学校三年生で囃子方を始めてから毎年欠かさず祭りに携わっています。生まれも育ちも市外であったため、親の送迎や、電車を使って囃子の稽古等に通っていました。若者だった時には必死で梶棒に留まり、祭礼の二日間を謳歌していました。若者頭となった今では、祭りの伝統や文化を根底から支えていくんだという責任感や、無事に千秋楽を迎えられることを心から願うような、いわば「親ごころ」のようなものが原動力となっています。会合があれば日が変わるまで諸先輩方から熱い思いをうかがいます。それは経験に基づいたとても貴重な話で、祭り人生の糧となっています。山車や行事が文化財の指定を受けていますが、その礎はこの「思い」にあるのだと確信しています。
自分から祭りを取ったら何も残らないほどこの祭りが好きです。私の中にいつもあるもの。それは紛れもなく力神車であり中切組であり潮干祭であることは間違いありません。

このコラムは令和2年3月に書かれました。


令和2年は家にいながら潮干祭を楽しもう!
下記のリンクから「おうちで潮干祭クイズ」に挑戦できます。

おうちで潮干祭クイズ【初級編】

「入門編」に続いて「初級編」。これがわかればちょっと潮干祭ツウ!? 解説まで覚えれば、ウンチクが語れちゃいますよ!
何問正解できたか、ぜひSNSでシェアしてくださいね!

\中級編/上級編もお楽しみに/
公開日
入門編4/25(土)~ 公開中 ここをクリック
中級編5/2(土)~
上級編5/5(火・祝)~


「#おうちで潮干祭」についてはこちら


令和2年は家にいながら潮干祭を楽しもう!
下記のリンクから「おうちで潮干祭クイズ」に挑戦できます。

https://quiz-maker.site/quiz/play/TgrK7q20200425095406

まずは「入門編」。来年の潮干祭をより楽しむために押さえておきたいミニ情報をまとめました。
何問正解できたか、ぜひSNSでシェアしてくださいね!

\初級編もお楽しみに/
初級編公開日:4/28(火)~

「#おうちで潮干祭」についてはこちら
https://shiohi-matsuri.jp/information/news/entry-177.html




亀崎潮干祭をおうちで楽しむコンテンツ「#おうちで潮干祭」がスタートします。

令和2年の亀崎潮干祭は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため残念ながら中止となりました。そこで、「家にいながらみんなで潮干祭を楽しもう!」と、【#おうちで潮干祭】と題した企画がスタートしました。立案したのは昨年発行された『亀崎潮干祭写真集』の制作チームです。公式HPやSNSで潮干祭を楽しめる、さまざまな企画を用意しました。また、SNSでハッシュタグ「#おうちで潮干祭」をたどるだけでも、家に家に居ながら潮干祭を楽しめる内容となっています。毎年の参加を楽しみにしてくださっている方、今年こそ見たかった方、祭り人、みなさん今年は「#おうちで潮干祭」を自宅で楽しみましょう。

①#おうちで潮干祭「写真投稿」&プレゼント企画
Instagramにハッシュタグ「#おうちで潮干祭」をつけて、これまでに撮った潮干祭の写真を投稿してください。
抽選で20名様に潮干祭グッズをプレゼント!

写真の例)
・過去に撮影した潮干祭のお気に入りの一枚
・祭礼装束を着た子どもの頃の写真
・祭衣装を着たおじいちゃんの白黒写真
・串あさりを作っている様子
・今年作った串あさり
・令和2年5月3・4日に自宅で潮干祭を楽しむ様子
 などなど、祭にまつわるあれこれ。
思い出のワンシーン、自慢の一枚、お待ちしています。
スマホの写真フォルダでお祭りの写真を探すところから、楽しんでみてください。

\プレゼント企画/
「#おうちで潮干祭」をつけて投稿してくれた方の中から抽選で20名様に、潮干祭グッズをプレゼント。
【期間】 5/10(日)24:00までの投稿
【プレゼント内容】 「亀崎潮干祭ジャガードタオル」 10名、「山車ペーパークラフト 5台セット」10名
※ ストーリーで投稿する場合は潮干祭公式Instagramアカウント(https://www.instagram.com/shiohimatsuri/)をメンションしてください。
※ 5/11(月)以降に、当選者へDMをさせていただきます。


2020新作!亀崎潮干祭ジャガードタオル

山車ペーパークラフト 5台セット


②おうちで潮干祭クイズ
入門編から上級編までレベルは4つ。来年の潮干祭をより楽しむために押さえておきたいミニ情報をまとめた「入門編」から、祭り人でも答えに困りそうな超マニアック問題も含む「上級編」まで、GW期間に順次公開。解説付きなので、子どもから大人まで、楽しみながら潮干祭の歴史や文化も学べます。1人でトライ?親子でトライ?目指せ!潮干祭マスター!

公式ホームページおよび公式facebookページで公開します。
HP https://shiohi-matsuri.jp
FB https://www.facebook.com/shiohimatsuri/
【日程】
入門編4/25(土)~ ここをクリック
初級編4/28(火)~ ここをクリック
中級編5/2(土)~ ここをクリック
上級編5/5(火・祝)~ ここをクリック


③ウェブショップ「亀崎潮干祭の店」開店!
自宅から潮干祭グッズを購入できるようになりました。見ごたえも読みごたえもある写真集や、大人でも熱中できる山車のペーパークラフトは、手元にあれば存分に潮干祭気分を味わうことができます。
そして本来であれば今年発売予定であった「ジャガードタオル」もラインナップ。「ユネスコ記念手拭い」と合わせて、手洗い後のマイ手拭きとしてご活用ください。

https://shiohihozonjimu.stores.jp/

このWEBショップは潮干祭に関わる有志のボランティアにより運営をはじめました。取り組みにご賛同いただける方には、“投げ銭”という形でご協力を募っています。協力金は、WEBショップのシステム運営会社へ支払う手数料(売上の数パーセント)や、梱包資材などに使わせていただきます。一口500円からとなっており、ご協力いただいた方には、5組の紋が入ったしおりを送付させていただきます。潮干祭へのご支援・応援をどうぞよろしくお願いいたします。


④潮干祭当日は平成30年の写真をオンタイムアップロード
令和2年の潮干祭が行われるはずだった5月3日・4日は、公式facebookにて、平成30年に撮影した写真をアップロードします。

平成30年、写真集の為に密着撮影された写真を、令和2年度の巡行時刻表に合わせて公開します。御祈祷からサヤ納めまで、普段近くで見られない貴重なシーンや新たな潮干祭を発見してきませんか?写真集の未収録カットも含めて投稿予定です。
5月3日(月・祝)は午前6時30分〜午後8時まで
5月4日(火・祝)は午前6時〜午後7時45分までの予定です。

当日、公式facebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/shiohimatsuri/


 日頃より、潮干祭の活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、皆様の安全を考慮し、5月3日(日、祝)・4日(月、祝)開催の「潮干祭」を中止することとなりましたのでお知らせします。
これにより年内の山車行事はいっさい行いません。